MENU

地鎮祭のビックリポイントと近隣へのご挨拶

  • URLをコピーしました!

こんにちは。
知識ゼロからの家づくりに奮闘中! れもん です。
今日は、地鎮祭と近隣へのご挨拶 についてまとめていきたいと思います。

この記事が役立つ人
  • 土地から探して注文住宅を建てる人
  • 地鎮祭を検討している人
目次

地鎮祭って何?

ウィキペディアには、下記のような記載があります。

地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とは、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地守護神鎮守神)を祀り、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式仏式がある。一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭土祭り地祭り地祝いとも言う。費用は施工業者(奉献酒や玉串料は施主を含めた関係者)が負担する[要出典]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

正直、地鎮祭って注文住宅を計画するまで聞いたことありませんでした。
家を建てるのって、なかなかないので一生に一回の機会かもしれないですよね!
やってもやらなくてもよいと営業さんには言われましたが、せっかくなのでお願いすることにしました。

アイ工務店で地鎮祭を行うのは、追加契約が終わったあたりのタイミングになります。
家の仕様も確定して、後は建てるばかりの時期。
アイ工務店さんでは地鎮祭の後にご近所さんに挨拶をしてまわるとのことなので、わが家も一緒に行かせてもらうことにしました。

地鎮祭 【準備したもの】

わが家は、アイ工務店さんで提携しているという神社にお願いしました。お供えもの等も全て準備してくださるとのこと。当日は、玉串料(4万円)だけご用意しました。

お供えものはこんな感じでした!
ビニール袋に入っているのはスルメイカだそうです。海の幸、山の幸をお供えするものだそう。
中央にある2本の陶器の入れ物の中にはお酒が入っていて、儀式の中で杯をいただきました。

地鎮祭 【驚いたこと】

人生初めての地鎮祭。流れなどは神主さんにお任せすればいいはずと思い、深くは調べていませんでした。


地鎮祭当日は、ウィキペディアに記載の通りの流れで行われました。

神式の一般的な地鎮祭の流れは次の通りである。

手水(てみず、ちょうず)神事の会場に入る前に手水桶から掬った水で両手を洗い、心身を浄める。

修祓(しゅばつ)開式の後、祭典の本儀に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。

降神(こうしん)祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。神職が「オオ~」と声を発して(「警蹕(けいひつ)」と言う)降臨を告げる。

献饌(けんせん)神に祭壇のお供え物を食していただく儀式。

祝詞奏上(のりとそうじょう)その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。

清祓・散供(きよはらい・さんく)土地の四隅を祓い清め、合わせて米・塩・切麻を撒く。切麻(きりぬさ)・散米(さんまい)とも言う。

地鎮(じちん)忌鎌(いみかま)を使った草刈初(くさかりそめ)、忌鍬(いみくわ)を使った穿初(うがちぞめ)、鎮物(しずめもの)の埋納等が行われる。

玉串拝礼(たまぐしはいれい)神前に玉串を奉りて拝礼する。玉串とは、榊等に紙垂と木綿を付けたもの。

撤饌(てっせん)お供え物を下げる。

昇神(しょうしん)神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。この後に閉式が行われる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

よいお声の神主さんのお声が響きます。
ご近所さんに、みんな聞こえちゃうなと思っていたら…
なんと自分たちの名前や土地の住所を神主さんが朗々と唱えだしたのです。
これにはビックリ!

自分の無知を恥じるしかありませんが、しっかり自分自身の情報も神様に伝えて工事の安全を祈るのが「祝詞奏上」では一般的みたいです。これ、知っていたら地鎮祭やるのを躊躇したかもしれません。

地鎮祭 【いただいたもの】

終了後はお札と鎮物をいただきました。

鎮物(写真左) → 基礎の中に埋める(現物はのし袋と同じくらいの大きさです)
お札 → 上棟式で屋根の中に納める

鎮物は基礎の中に入れてもらうため、すぐに営業さんにお預けしました。お札は上棟式まで現在の住まいに保管しておきます。

近隣へのご挨拶

地鎮祭が終わった後、営業さんと工事開始前のご挨拶にまわりました。
アイ工務店さんの方では、タオルとお手紙を準備してくださいました。私たちも、粗品とお手紙を準備しました。準備にあたり、同じくアイ工務店さんで家を建てていたしゃるのむさんのブログ記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます!

わが家が選んだ粗品はお米

どんな商品にするのか悩みましたが、地鎮祭開催は平日日中の午後。ご不在の方も多くいらっしゃることが考えられました。そこで、ポストに入るお米を購入。

のむさんのブログ記事を参考に、のし紙を家でプリントして準備しました。
5件伺ったお宅の3件がご不在だったので、ポストに入るサイズのものを準備して本当によかったです。
お米なら、どなたももらって困ることはないのかなと。

地鎮祭 びっくりしたけど、やってよかったです!

「祝詞奏上」で名前を読み上げられた時には、地鎮祭をやったことを後悔しかけましたが、
お札をいただいて、やっぱりやってよかった!となりました。

近隣へのご挨拶の後は、設備などの書類に署名捺印の確認をば。
何度も確認した書類ですが、もうあんまり変更はできない、したくない。
身が引き締まります。

どんな家を建てる予定なのか?このブログでも更新頑張りたいと思います♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる